• ※入域自粛について
  • 外務省 北方領土問題
  • 内閣府 北方対策本部
  • 北海道北方領土教育者会議
  • 記録集
  •  ダウンロードメニュー
  • 北方領土 四島ガイド
  • 写真館
  • リンク集

平成30年度第1回北方四島交流訪問事業(一般:択捉)実施結果概要

 6月1日から6月4日の日程で野口繁正団長を含む計65名が択捉島を訪問しました。
 今回の択捉島訪問では、郷土博物館や孵化場、加工場などの施設や空港を視察した他、島民と交流する住民交流会、島民の家庭を訪問するホームビジットを行いました。
 訪問事業のメインである住民交流会は、二部構成で行われ、前半の一部は、別海町のボランティアサークル・サンキューの会の方々の指導により「日本で親しまれている折り紙と和紙を使った季節行事の紹介」ということで、「鯉のぼり」「お雛様」「日本人形(箸袋)」を日本人とロシア人が一緒に作成しました。
 後半の二部では、島の人達と訪問団員が、お互いに聞きたいことを質問し合い、興味深い時間を過ごした後、訪問団による「ふるさと」、島側からは「カチューシャ」という、お互いになじみのある楽曲を披露しました。
 その後、島の人達による歌やダンスの発表を楽しみ、大変和やかな時間を過ごし、お互いの理解をさらに深めることができました。
 このように、「ホームビジット」や、「住民交流会」などを通して、相互理解の促進が図られました。
★主な内容は次のとおりです。
6月 1日 (金) 根室港出港、入域手続き(国後島古釜布)、択捉島内岡沖到着 〔船内泊〕
6月 2日 (土) 表敬訪問、墓参(紗那日本人墓地)視察(郷土博物館、ヴァンナチカ温泉、旧国民学校周辺)、住民交流会(折り紙や和紙を使った小物の作成、意見交換会)、市街地散策 〔船内泊〕
6月 3日 (日) 視察(紗那孵化場、内岡広場、別飛加工場、ヤースヌィ空港)、ホームビジット、夕食交流会、国後島古釜布沖到着 〔船内泊〕
6月 4日 (月) 出域手続き(国後島古釜布)、根室港帰港



住民交流会(文化スポーツ会館)

ホームビジット