• ※入域自粛について
  • 外務省 北方領土問題
  • 内閣府 北方対策本部
  • 北海道北方領土教育者会議
  • 記録集
  •  ダウンロードメニュー
  • 北方領土 四島ガイド
  • 写真館
  • リンク集

組織の体制

事業を進める体制

 公益社団法人北方領土復帰期成同盟は、理事(20名以上25名以内)の役員で構成する理事会及び監事(3名以内)を設置し運営しています。
 事務事業を実施する組織として、事務局長(副会長兼務)以下、15名の職員により構成する事務局を設置しています。
 なお、北方四島交流事業を実施するため、北方同盟内に北方四島交流北海道推進委員会を設置し、事業の企画、実施、評価等を行い事業の効果的な運営に努めています。
 また、広範な北海道内における活動のため、北方領土返還推進員及び北方領土返還協力員を北海道内15地域に設置されている各地方支部に配置し、各地方支部と連携し事業を進めています。
 更に、標津町内に展示資料、展望室を備えた北方領土館(343.19㎡)を設置しています。