• ※入域自粛について
  • 外務省 北方領土問題
  • 内閣府 北方対策本部
  • 北海道北方領土教育者会議
  • 記録集
  •  ダウンロードメニュー
  • 北方領土 四島ガイド
  • 写真館
  • 北方領土動画資料
  • リンク集

第4回訪問事業(択捉島)

★訪問事業の主な日程は、以下のとおりです。
8月21日 (金) 荒天のため出港できず、乗船したまま根室港内で1泊〔根室港 錨泊〕
22日 (土) 予定より1日遅れて根室港出港 〔内岡沖 錨泊〕
23日 (日) 表敬訪問、博物館視察、図書館視察、
対話集会、ホームビジット、日本人墓地訪問、
夕食交流会、帰船
〔古釜布沖 錨泊〕
24日 (月) 根室港帰港 -


表敬訪問

図書館視察
<参加者の声1>
 ホームビジット先ではとても温かい雰囲気で迎えていただき、硬い気持ちをほぐすことができました。人間同士はどこの国の方とでもこの様に接していけるものと、硬い頭をほぐすことができましたが、いざ国と国との問題になるとそうはいかない状況であり、我々追われて逃げるように島を離れた者には、どう考えても納得することはできません。

<参加者の声2>
 不法占拠であるが、そこにはロシア人の定着した生活がありました。実際に自分の目で見て話して交流してみると、返還後には日本人とロシア人は混住することが望ましいと感じました。そして互いの文化を尊重し合い助け合うことが、これまで行ってきた“ビザなし交流”の意義なのであろうと思いました。

<参加者の声3>
 両親は志発島で生まれ、私は2世です。私の両親は昭和20年秋に島を離れ、厚岸に住み着きました。一度も島に帰ることなく他界しましたが、帰りたい、帰りたい、と言っていました。父は口癖のように、魚はたくさんいるしホタテ貝だって昆布だってすごいぞ、と子供たちに言っていました。また、母は春にはヒオウギアヤメやエゾスカシユリが野原一面に咲き、すごくきれいだよと話してくれました。私は父母の写真を持って行って爺爺岳などを見せてあげました。