• ※入域自粛について
  • 外務省 北方領土問題
  • 内閣府 北方対策本部
  • 北海道北方領土教育者会議
  • 記録集
  •  ダウンロードメニュー
  • 北方領土 四島ガイド
  • 写真館
  • 北方領土動画資料
  • リンク集

第6回訪問事業(色丹島:後継者)

★訪問事業の主な日程は、以下のとおりです。
9月11日 (金) 根室港出港 〔アナマ湾 錨泊〕
12日 (土) 上陸、表敬訪問、日本人墓地訪問、
ロシア正教会視察、展望広場視察、景勝地視察、
市街地散策、ホームビジット、帰船
〔アナマ湾 錨泊〕
13日 (日) 上陸、ロシア語講座、ロシア文化講座、
スポーツ交流、ピロシキ作り、対話集会、
夕食交流会、帰船
〔古釜布沖 錨泊〕
14日 (月) 根室港帰港 -


対話集会

夕食交流会
<参加者の声1>
 穴澗―斜古丹間の道路を見たが、拡幅工事や側溝などの工事がかなり進んでおり、現在も重機数台、ダンプが何ヵ所かで稼働していた。5、6ヵ所で行われている橋の建設工事が完了すれば、集落間の往来がかなり早く楽になるであろう。ロシア政府の力の入れ方を感じざるを得なかった。

<参加者の声2>
 穴澗の小中学校は2003年に建設されたとのことで、とてもかわいらしく、料理、パソコン操作、文化交流、図書館など、体験型教室が豊富であることに驚いた。

<参加者の声3>
 イネモシリに行く道路は悪路ではあったものの、途中に建設中の幼稚園や橋を見かけた。ロシア政府から多額の資金が投入されていることを知り、極東開発に力を注ぐロシア政府の意気込みを感じた。