• ※入域自粛について
  • 外務省 北方領土問題
  • 内閣府 北方対策本部
  • 北海道北方領土教育者会議
  • 記録集
  •  ダウンロードメニュー
  • 北方領土 四島ガイド
  • 写真館
  • 北方領土動画資料
  • リンク集

第3回訪問事業(択捉島:教育関係者・青少年)

★主な内容は次のとおりです。
8月5日 (金) 根室港出港、入域手続(国後島古釜布沖)、
古釜布出発
〔内岡沖 船中泊〕
8月6日 (土) 択捉島上陸、表敬訪問(「クリル地区」議長兼地区長、地区行政長)、視察・訪問(博物館、温泉、日本人墓地等)、意見交換会、ホームビジット、帰船 〔内岡沖 船中泊〕
8月7日 (日) 視察(水産加工場)、スポーツ交流、市街地散策、
夕食交流会、帰船、内岡出発
〔国後島古釜布沖 船中泊〕
8月8日 (月) 出域手続き(古釜布沖)、根室港帰港  


スポーツ交流

ホームビジット
〈参加者の声1〉
 特に印象に残ったことはホームビジットです。皆良い人たちばかりで、話をしていて楽しかったです。参加して得たものは、北方四島の暮らしと住民のロシア人の人たちへの認識が変わったということです。
(高校生女子)

〈参加者の声2〉
 島の人たちとサッカーやチェスをして、言葉が違っていてもお互いすぐに仲良くなれる、分かり合えるということが分かったのは、自分にとってすごく有意義だったと思います。
(中学生男子)

〈参加者の声3〉
 実際に島に渡り、地域の実情(インフラ整備の進行状況、島民の暮らしぶり、島民の気質や考え方等)をうかがい知ることは、北方領土返還の現実的方策を考えていく上で大変有効であると思います。
(50代男性)