• ※入域自粛について
  • 外務省 北方領土問題
  • 内閣府 北方対策本部
  • 北海道北方領土教育者会議
  • 記録集
  •  ダウンロードメニュー
  • 北方領土 四島ガイド
  • 写真館
  • 北方領土動画資料
  • リンク集

第2回訪問事業(択捉島:一般)

★主な内容は、次のとおりです。
5月25日 (金) 根室港出港、入域手続き(国後島古釜布沖)、 古釜布出発、元島民の講話(船内) 〔択捉島内岡沖
船中泊〕
5月26日 (土) 択捉島上陸、博物館視察、ホームビジット、紗那日本人墓地墓参、表敬訪問(「クリル地区」議会議長兼地区長)・コンサート、市街地散策、帰船 〔内岡沖 船中泊〕
5月27日 (日) 択捉島上陸、視察(水産加工場、幼稚園)、住民交流会(第1部:絵手紙体験、第2部:意見交換会「テーマ:厳しい冬の暮らし」)、夕食交流会、帰船、内岡沖出発 〔国後島古釜布沖
船中泊〕
5月28日 (月) 出域手続き(古釜布沖)、根室港帰港


住民交流会(意見交換会)

ホームビジット
〈参加者の声1〉
・住民交流会には多くの島民、そして子供たちが待っていてくれました。言葉が通じなくても、一つの事に一緒に取り組むのはとても良いことです。このことが継続され、更に深まると良いと思います。
(50代女性)

〈参加者の声2〉
・ホームビジットなどでは、対日友好意識が上の世代から子や孫の世代に伝達されていると感じた。ビザなし交流がその触媒となっていることを実感した。
(60代女性)

〈参加者の声3〉
・ホームビジットの受入家庭がとても親日的で、私たちがその人たちとの付き合いをもっと深めることが出来れば、そこからまた別の出会いも出来て、輪が広がるのではないかと思います。
(50代女性・元島民)