• ※入域自粛について
  • 外務省 北方領土問題
  • 内閣府 北方対策本部
  • 北海道北方領土教育者会議
  • 記録集
  •  ダウンロードメニュー
  • 北方領土 四島ガイド
  • 写真館
  • 北方領土動画資料
  • リンク集

第3回訪問事業(後継者:国後)実施結果概要

 8月29日から9月1日の日程で佐藤団長を含む計44名が国後島を訪問しました。
 今回は、国際法学者に国際法から見た北方領土問題の講演をいただき、領土問題についての理解を深めました。
 文化会館においては、国後島のダンサーによるロシアの踊りのレッスンがあり、日本側からは専門家によるピアノ演奏、声楽を披露し、日本の歌を国後島民に指導し、皆で合唱するなど文化交流を行いました。
 ホームビジットは9家庭の協力を得て、親しく交流を行いました。
 また意見交換会では、「食と健康、運動、学業」などをテーマに話し合いを行い、幅広く討議が行われました。
 さらに、中学校やダーチャなどの視察を行い、また日本人墓地を訪れ、墓参りを行いました。
★主な内容は次のとおりです。
8月29日 (金) 根室港出港、入域手続き(国後島古釜布)
国後島上陸、表敬訪問(行政府)、散策(ローソク岩)
〔友好の家泊〕
8月30日 (土) 視察(古釜布中等学校、アリョンカ幼稚園、 郷土資料博物館、ロシア正教会、古釜布展望台、図書館)、墓参(古釜布日本人墓地)、ダンス講習(文化会館)ホームビジット 〔友好の家泊〕
8月31日 (日) 視察(ダーチャ、消防署)、市街地散策、 共同コンサート及び住民交流会(文化会館)、夕食交流会 〔友好の家泊〕
9月1日 (月) 出域手続き(国後島古釜布)、根室港帰港


住民交流会

ダンス講習(文化会館)