• ※入域自粛について
  • 外務省 北方領土問題
  • 内閣府 北方対策本部
  • 北海道北方領土教育者会議
  • 記録集
  •  ダウンロードメニュー
  • 北方領土 四島ガイド
  • 写真館
  • リンク集

北方領土問題理解促進事業の実施

 ロシア連邦より研究者や大学院生を招聘し、日本の大学生等と北方領土問題についての意見交換を行い相互理解を深めるとともに、北方領土問題の早期解決に向けた環境整備を図るため、「北方領土問題理解促進事業」を実施します。

平成30年度開催結果

 北方領土問題についての対話交流を通じて相互理解を深めるとともに、北方領土問題の早期解決に向けた環境整備を図るため、ロシア連邦(ウラジオストク市)から招聘した研究生、大学院生等と日本人大学生等との意見交換会等を実施した。

◇開催日時◇ 平成30年10月13日(土) 10時00分~17時45分
           10月14日(日)  9時30分~12時10分
◇開催場所◇ 京王プラザホテル札幌
◇参加者◇ ロシア側参加者 10名
日本側参加者   8名
講師等      3名
通訳       2名
事務局      5名
◇開催内容◇ 10月13日(土)
 〇北方領土の語り部
 〇講演
  ①平和条約と北方領土問題
   京都大学法学部 教授 浅田正彦
  ②ロシアと日本は分かり合えるか
   極東民族歴史考古学民族学研究所
    研究主査 Kozhevnikov Vladimir
 〇意見交換 テーマ「平和条約の締結と日ロ関係の発展」

10月14日(日)
 〇意見交換